読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KINO-KINO's blog

日々のうわごとをたらたら、だらだらと。

鑑定士と顔のない依頼人

この話にどんでん返しがあることは
予告からわかっていたけど
いざ観てみると確かにどんでん返しするね
っていう感じが急にでてきた

依頼人の姿がいともたやすく
画面にあわられた時に
あ、なんか分かったって感じでした

贋作の中にも本物があるって
いうとこなんでしょうか

人の感情は偽物もあるとか
そういうちらほらでて来る
セリフよりも
あの瞬間にやられました

何か全体的に感性をみがくための映画

なんだかなー
という感じです

完璧すぎないのも狙いなんでしょうが